上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
私が住んでる門村集落で枝打ち作業がありました~。
門村枝打ち
杉、檜の枝を落としたり、間伐もしたり。

最近では、門村のように村で枝打ちに行く集落は珍しく、森林組合に任せたりするとこが多いらしいです。危ない作業ですしね。貴重な経験です。

実際、今は木に値打ちなんて無いので、門村の枝打ちも土砂災害防止のためという目的でしてるそうです。
こうやって山に光が入るようにしてやらないと、下に草が生えず、大水が出たときに土砂が流れてしまいます。

手入れがされなくなり、真っ暗になった日本の山の現状は厳しいです。再び健全な山に戻るには、ものすごく長い時間がかかることでしょう。僕が生きてるうちには、実現しないかもしれません。

山にしても、百姓にしても、そのあまりの問題の大きさにへこむこともありましたが、やはり未来へ向かってどんなに小さなことでも続けていくことが大事だと感じます。
スポンサーサイト

2009.11.16 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。