上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
2月2日~3日、マイスター工房八千代で節分の恵方巻作りを徹夜でお手伝いしてきましたよ~。

これはほんまにえらいこっちゃで、前日の晩から総勢40人くらいで準備します。

なにせ予約とか当日の行列のお客さんとかが凄くて、一晩で8000本(!)も巻き寿司を巻かないといけないのです。

さすがマイスターですねぇ。

しかも実際はそれだけでは足りなくて、最終的には9000本くらい巻いたんじゃね?という感じだったらしいです。ひぇ~

僕は、炊飯係。8000本の巻き寿司のご飯の炊き加減は僕にかかってます。超プレッシャーでしたよ。
meshitaki
ちなみにこれは巻き寿司作りがスタートする嵐の前の笑顔。
スタート後は、まさに戦場のようでほとんど休む間もなく、七台の釜で米を炊き、取り出し、釜を洗い、炊く、のノンストップアクション!しかも徹夜で!

とてもおもしろい経験でした。

ところで、バタバタと釜を洗いながら改めて思ってました。

「なんか不思議だなぁ。」と。

ふと気がついたら、多可町というもともと何の縁もゆかりも無かった見知らぬ町の巻き寿司屋さんで地域の方と一緒になって、一生懸命徹夜で米を炊いている。

協力隊は僕が自分で選んだ道ですが、それでもやっぱり「この状況って何だか不思議だなぁ。おもしろいことやらせてもらってるなぁ。」と感じてたのです。

なんか『千と千尋の神隠し』ぽいなぁ、みたいな。『魔女の宅急便』ぽいなぁ、みたいな。ジブリばっかですけど(笑)

まぁ、だからどうってこともないのですが、ホント協力隊ならではの経験ですよね。


en
マイスターの名物、「優しく温かいお母さん達」と「おいしいまかないご飯」!

また行きた~い^^








スポンサーサイト

2010.02.04 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。